1歳半くらいからとにかく「自分で!自分で!」と自己主張か強かった我が子。
成長するにつれ出きることも増えていき、「自分で!自分で!」もますます増えてきました。

そこで自己主張が出始めた頃から、簡単なお手伝いをさせることに。
最初は食事の時にするエプロンとタオルを食卓に持って行かせました。これは歩ければ出来るし、食べることが大好きな我が子にはもってこいのお手伝いでした。
食事関連でいくと、今は食べた終えた後の食器を台所まで持って行くお手伝いもしています。

掃除関連ではホウキとチリトリ。これはお手伝いしてるのか、仕事を増やしてるのか疑問ですがやりたがる事のひとつです。最終的にはホウキでボールを転がし、私がチリトリで取るという遊び終わります。。
あと定番のクイックルワイパー。一番小さい枝でやっています。

外出から帰ってきたら、私の分も一緒に靴箱の中に入れてくれたり、たまーにですが干し終わったミニタオルを畳んでくれたり。

私もお手伝いしてもらったら、大袈裟くらいに誉めて感謝の気持ちを伝えるし、本人も<自分一人で出来た>ことへの満足感でニコニコになります。
今後はお料理のお手伝いもさせようと、色々と計画中です。